横浜相鉄ビル眼科医院 眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術

横浜相鉄ビル眼科医院では眼瞼下垂の手術の多数手がけております。まぶたが下がってきて見えが悪い、や、見た目が悪い、とお悩みの方に、単に上げるだけではなく、美容的に美しく仕上げることを心がけております。

当院は中村泰久(なかむらやすひさ)先生が眼瞼下垂の治療をされており、多くの患者さんに喜んでもらっています。

中村先生はまぶたの手術では日本で一番と言っても過言ではないほど有名な先生で、実際に手術も非常にうまいです(院長の大高が自らの目で先生の手術を何度も見て、すごいと感じております)。

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ


眼瞼下垂とは・・・上のまぶたが開きづらい状態を言います。眼瞼下垂になると、上方の視界が狭くなる、暗くなるとおっしゃいます。また、眼瞼挙筋でまぶたを上げられないので、その上にあるおでこやこめかみの筋肉で瞼を上げるくせがつくので、おでこのしわができたり、おでこやこめかみがこるので慢性的に頭痛がしたりといった現象が起こります。

通常高齢者に起こりますが、30代、40代でお悩みの方も多くいらっしゃいます。また、生まれつき上がりの弱い方もいらっしゃいます。

まぶた(漢字では瞼と書きます)の中では、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉が、まぶたの中、一番下にある瞼板(けんばん)という軟骨についています。この眼瞼挙筋が動くことにより瞼板を上げてくれるので、まぶたが開いています。

眼瞼下垂には2つのパターンがあります。

@眼瞼挙筋が伸びきってしまったり、ひどい場合には眼瞼挙筋が瞼板から外れたりして、まぶたが期待通りに上がらなくなる(狭義の眼瞼下垂、blephaloptosis)

A眼瞼挙筋は正常範囲だが、皮膚がたるんできてるために、まぶたが下がってるように見える(眼瞼皮膚弛緩症(がんけんひふしかんしょう、blephalochalasis))

です。まず、このどちらであるかの診断が非常に重要です。診断は実際に診察しないとなんとも言えないので、メールでは聞かれても答えられないのでご了解くださいね(^^)


@の狭義の眼瞼下垂の場合は、眼瞼挙筋が瞼板からはずれていない場合は眼瞼挙筋を短縮します。はずれている場合は、眼瞼挙筋を瞼板のもとの位置に縫い付けてもとに戻します。

言うのは簡単なのですが、眼瞼下垂の手術はものすごく難しく、ゆえに専門の先生が専門的にやっているというわけです。

理由は・・・

まぶたの中は、表面から、皮膚、皮下組織、眼輪筋、脂肪組織、眼瞼挙筋、ミューラー筋、結膜という順番に層になっています。まぶたのようにうすいところにこれだけの層があるわけで、どの組織が何であるかの判別、医学用語でorientationというのですが、この判別がものすごく難しいのです。なんせ、基本的に皮膚以外はすべて血管がたくさんで、出血もするし、真っ赤なのですから・・・・・(^_^;)

以下の患者さんは「狭義の眼瞼下垂」の手術を受けた患者さんです。

 →  → 

1番目の写真は術前です。おでこの筋肉で無理してまぶたを上げていますが、それでもこの状態です。おでこがどれだけ無理をしているかは、しわの深さで判定します。

2番目は右目の手術を受けて翌日、眼帯を取ったとこの患者さんです。左目の手術は1ヵ月後に、ということだったのですが、右目の手術が負担無くできたことに喜んで、ぜひ左目も翌日にやってください、とお願いされましたので、翌日手術となりました。後ろで手術の用意をしています。左目に比べて、右目がしっかり開いているのがわかると思います。手術の翌日なので、今が一番腫れているので開きが悪いのですが、それでもはっきり違いがわかっていただけると思います。眼帯をとってすぐですので、下まぶたや上まぶたにまだ血液のかたまりがついています。また、上まぶたから鼻側にかけて内出血があります。中村先生の手術は止血が完璧なのですが、血栓はある時間がたつと一度溶解しますので、翌日はこの程度の内出血はありえると考えておいていただけませんでしょうか。内出血のほとんどない症例もたくさんありますが、患者さんに嘘をつかなことにしておりますので、あえて内出血のある症例を出しております。

3番目の写真は、術後2週間の写真です。診察した医師によると、術後1週間でばっちりこの状態になっていたそうです。以前ほどはおでこに無理を掛けない状態で、両眼ともしっかり開いているのがおわかりいただけるかと思います。長年の癖の影響でおでこにしわが残っていますが、以前より格段におでこで無理をしていないのがおわかりいただけるかと思います(^^)

開く幅はもっと大きくできますが、あまり大きくすると目が見開いた怖い顔になってしまいますので、中村先生はあえて開き過ぎないように気をつけて手術をされています。

右目術後のビデオはここです。上の写真を撮った時に同時にとったビデオです。眼帯をはずした直後なので、患者さんも鏡を見ていないので開いているかどうかわからないので、開きましたか?と聞いていますね。

左目の手術終了時のビデオはここです。上の写真をとってから1時間後です。左目の手術直後、いつもどおり内出血が全く無いことにお気づきいただければ幸いです。これを見ると、いかに手術を終了しようとも内出血が術後に出てくるというのがおわかりいただけると思います。手術直後の腫れている状態でも、左目がすでに自分の意志どおりに開いているのがおわかりいただけるかと思います。患者さんのうれしそうな”うんうん”が楽しいです(^^)

両眼の手術終了後2週間のビデオ1 両眼の手術終了後2週間のビデオ2 です。しっかり両眼が開いて、ビデオ撮影で緊張気味であるものの、患者さんが喜んでいるのを感じていただければ幸いです。家族とか近所のみんなにほめてもらったらしいです(^^)

これらのビデオをまとめてyoutubeにアップしてみました。


Aの眼瞼皮膚弛緩症の場合は、皮膚を切除します。これはずっとシンプルな手術ですが、デザインが大切ですので、経験が大事です。以下の写真は左が術前、右が術後です。

  ⇒  



眼瞼下垂のよくある質問です。

Q:健康保険はききますか?
A:ききます。

Q:費用はいくらぐらいかかりますか?
A:検査だけなら1割負担で1000円以内、3割負担で3000円以内です。もし検査当日に手術という一番高いパターンでも、すべて込みで1割負担で1万円、3割負担で3万円を見ておいていただければ通常は大丈夫です。

Q:生命保険で手術給付金が出ますか?
A:手術名は、眼瞼下垂症手術 1眼瞼挙筋前転法(K219−1)、ないしは、眼瞼下垂症手術 2その他のもの(K219−2)です。給付金が出るかどうか、加入している保険会社に聞いてみてください。出るようなら、書類をもらって受付にお渡しください。書いておきます。お渡しは1週間程度を見ておいてください。取りに来れない場合はご自宅に送付もできます。ご希望でしたら受付にお申し付けください。

Q:私は眼瞼下垂でしょうか?
A:実際に見ないとわからないのですが・・・自分で眼瞼下垂だと思った方はたいてい眼瞼下垂ですね。

Q:いつ手術をやるのが良いのでしょうか?
A:不便を感じて手術を受けたいと思ったときが受け時ですね。

Q:美容外科や形成外科で治療するのが良いのか、眼科で治療するのが良いのか、どちらが良いですか?
A:手術が上手ならどちらでも良いと考えますが、目の事も知り尽くしている眼科で、なおかつきっちり手術をやってくれるところに越したことはないと考えます。厚生労働省が決める分類でも、眼瞼下垂は眼科の疾患に分類されています。


当院では最新のCO2レーザーメスも導入しておりますが、中村先生は「自分には必要ない」とおっしゃいます。理由は

●レーザーメスで切るということは、そこに人工的なやけどを作るということ(実際に、すごい煙が発生します)。やけどを作りながら切るより、自分はメスでスパッと切ったほうが組織に優しいと考える。

●レーザーの機械はつぶれやすい。機械がつぶれましたので手術が途中でできなくなりました、となったら、患者さんはどうなるのか?

●レーザーメスを使うと出血が少なく、手術がやりやすい。だが、自分は出血は1つ1つしっかり止めながらやるので、レーザーメスを使う必要がない。

です。レーザーメスを使うと、より容易に手術ができることは間違いないと思いますが、中村先生の手術を実際に見せていただくと、止血が完璧で、組織の状態が非常によくわかりますので、CO2レーザーの必要性を全く感じません。これこそが手術の真髄と感じます。



●眼瞼下垂でお悩みの方は多いと思います。中村先生はとても優しい先生なので、患者さんからのメール相談にも応じてくださるとご了解いただくことができました。以下のメールアドレスにメールしてください。

メールアドレスをテキスト形式で公開すると、すぐにスパムメールが1日1000通ぐらい来るようになります。なので、画像で表示しております。ご自身で打ち込んでメールを送ってくださいね。それすら面倒というめんどくさがりな人は、最初から手術とかはやめておいたほうがいいです。

●眼瞼下垂に関しては、大高にはメールは送らないで下さい。その理由は、大高が下手な回答すると中村先生の診察のじゃまになるだけなので。返信もしませんから、ご了解くださいね。

●中村先生に何回も質問のメールを送る方も見られますが、まぶたや眼のまわりの事は千差万別ですので、メールで回答できるのはあくまで一般論であり、細かい部分は実際に診察をしないと答えようがないというのが中村先生の方針です。医師として当然の事と思います。

中村先生は眼科界では超有名でご多忙な先生であるにもかかわらず、当院の患者さんのためにメールでの相談に無料で応じてくださっております。その分、大人のマナーとして、メールでの質問は1回にまとめて、それ以上は実際に診察を受けてから聞いてくださいね。それがみなさんの体のためですし、しつこくてしんどい患者と思われないことも、いい手術を受けるためにはとっても大事ですよ。

●中村先生への相談は医療相談のみとしていただきますようお願いいたします。事務的な事は、中村先生や大高に聞かずにHPをご覧下さい。直接聞きたい方は、病院にお電話ください。

というのは、そもそも中村先生は事務的なことは一切関知されていません。大高は患者さんに最高の治療をすることで頭がいっぱいで、医療相談以外のことを聞かれますと、時としてとんでもないでたらめを伝えてしまうことがあります(お盆休みなのに診察をやっていると答えたり・・・。自分の誕生日を間違うぐらいですから)。外来スケジュールやアクセスなどの事務的なことはホームページを見てご自身で調べていただくのが最も正確ですし、結果として患者さんのためと考えます。なにとぞご理解のほど、よろしくお願いいたします(^^)



●横浜相鉄ビル眼科医院で中村先生の手術を受ける流れは、

@外来スケジュール http://calendar.yahoo.co.jp/ysbgical を見て、横浜相鉄ビル眼科医院に電話をして(045−311−2752)、外来の予約を取る。

A中村先生の診察を受ける。手術の適応ありと判定された場合に、横浜相鉄ビル眼科医院での手術の予約をとって帰る。

A手術日の指定された時間に横浜相鉄ビル眼科医院に来院し、手術を受けて帰る。

B翌日、ないしは翌日が休日の場合は最短の診察日に診察に来れればベスト

C抜糸がある場合は、だいたい1週間後に来院して抜糸

D1ヵ月後ぐらいに、中村先生の最終診察を受けることができればベスト

となります。

●中村先生の外来は完全予約制です。必ず電話で予約を取って下さい。電話をとるのは朝9時から夕方6時までですが、午後3時から6時の間に電話していただくのがお勧めです。その他の時間は電話がつながらなかったり、当院がものすごく忙しいので、意思がちゃんと伝わらなかったりとかがあるかもしれませんから。

●当日は保険証とお金(通常の検査のみでは、3割負担で5千円を超えることはありません)を持って来て下さい。

●大高や中村先生は事務的なことに関しては一切タッチしておりませんので、事務的なことはすべて病院に電話で聞いていただきますようお願いいたします。

●横浜相鉄ビル眼科医院へのアクセスに関してはこちらをご覧いただければ幸いです。

●手術を受ける上での注意点、横浜に宿泊される場合の宿の案内はここをご覧下さい。

●土日に、ないしはより早くに中村先生の手術を受けたい方は横浜相鉄ビル眼科医院の系列の西伊豆眼科クリニックに来て下されば対応できます。

このコースも、まずは電話で診察を受けてから手術、という、上記と同じ流れになります。

☆横浜相鉄ビル眼科医院で最初の診察を受けてから西伊豆での手術をご希望の方は、その時に中村先生に西伊豆での手術を希望するとお伝え下さい。職員が手配いたします。抜糸も横浜相鉄ビル眼科医院で受けられます。

☆最初の診察から西伊豆眼科クリニックをご希望でしたら、

0558−99−0400 西伊豆眼科クリニック 飯作いく子(いいさくいくこ)

まで電話で予約を申し込んでください(土日のみ電話に出ます。平日は留守番電話に入れておいていただければコールバックしますが、田舎時間が流れていてなにぶん職員がのんびりしていますので、留守電を操作を間違って消してしまう者もいます。もし土日にコールバックが無い場合はまたご連絡いただければ幸いです(^^))。

標準的な流れは、土曜日の午後に診察し、診察の結果、手術の適応ありということになれば、翌日手術となります。

大高は事務的なことに関しては一切タッチしておりませんので、事務的なことはすべて飯作に聞いていただきますようお願いいたします。

西伊豆はいなかなのですが、富士山と海と夕日が非常に美しく温泉も良いところで、おかげさまで全国からたいへん多くの患者さんに来ていただき、手術設備も充実しています。来てくださった方はみなさんすばらしかったと言ってくださっています。お越しのさいは、ぜひご家族で泊まりでいらしてください。景色とかはここをご覧下さいね(^^)

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ