高度近視、病的近視に伴う問題の治療・・・網膜格子状変性、網膜円孔、網膜裂孔、飛蚊症、黄斑円孔、網膜分離症、緑内障、白内障、黄斑部変性症など

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ



高度近視、病的近視(こうどきんし、びょうてきんし)とは・・・

近視の中で、度数がマイナス8D(ジオプター)を超えるものを言います。

ジオプターとは近視や遠視の度数を表す単位です。コンタクトレンズを買うとマイナス2とかマイナス3とか書いてある、あの数字の事です。「そのジオプターのレンズの眼鏡やコンタクトをつければ遠視でも近視でもない正視になりますよ」というのが、あなたのジオプターです。

裸眼で0.1の人はだいたいマイナス3Dぐらいですね。同じジオプターの人でも裸眼視力にはばらつきがあります。その人それぞれの網膜の感度や乱視の度合いなどが違うからと考えます。



高度近視、病的近視に伴って発生する病気について

●網膜の病変(網膜格子状変性、網膜円孔、網膜裂孔、飛蚊症、黄斑円孔、網膜分離症・・・)

高度近視、病的近視の方は、眼球が後方に強く引き伸ばされているために、それに伴って中の網膜も引き伸ばされています。それに伴って、網膜が薄くなったり破れたりしやすいので、これらの病変が起こりやすいのです。

●緑内障・・・高度近視、病的近視の人は緑内障になりやすいことが知られています。原因は不明ですが、もともと網膜が弱いので、少しの外的刺激で網膜がいたんでしまうのではないかと考えます。

●白内障・・・高度近視、病的近視の人は白内障になりやすいことが知られています。これも原因は不明ですが、NSといって、中が硬いタイプの白内障になる方が多く、しかも眼球が大きいので水晶体が深い位置にあるために手術が非常にやりづらいため、早めの手術が結果的に高い成功率につながり、患者さんにとってメリットがあると考えます。

度数をどこにあわせるか、これに悩まれる方も多いと思います。当院医師は豊富な経験を持っていますので、ぜひご相談ください。

●黄斑部変性症・・・高度近視、病的近視の方は黄斑部変性症になりやすいことが知られています。ご高齢の方に多いのは当然として、若い女性で高度近視の方にもよく見られます。もちろん若い男性で高度近視の方にも見られますが、女性のほうが多い印象を持ちます。

これらの病変をお持ちでお悩みの方、また、ご心配の方は、我々にご相談いただければと思います。いろんな問題を投薬や手術で総合的に解決できる我々の力が最も発揮できる分野の一つではないかと自負しております。



高度近視で白内障が少しある。どうしようか?とお困りだった患者さんが鄭先生の白内障手術を受けて書いて下さった文章です。

高度近視で白内障手術をどうしようかとお悩みだったTさんが、鄭先生の白内障手術を受け、とても感激し、その後鄭先生に郵送でお礼状を下さいました。それがとても心のこもった文章だったので、HPへの掲載をお願いしたところ、快諾どころか、ご自身同様、高度近視の白内障がらみでお悩みの患者さんのために、わざわざ追伸をつけて、再度メールで送ってくださいました。Tさん、ありがとうございました。



横浜相鉄ビル眼科医院
鄭 守 先生

お忙しいところご連絡いただきまして恐縮に存じます。

私のような強度近視の方へのご参考になればと思い、昨日お送り(郵送)しました御礼状に追伸を加え(メールに)添付
いたしましたので、ご確認いただきたく存じます。

なお、来週30日に3ヶ月検診で通院予定としておりますので、宜しくお願い申し上げます。
御返信かたがた失礼いたします。

さいたま市 T

横浜相鉄ビル眼科医院
鄭 守 先生
スタッフ御一同様

拝啓

若葉の季節となりました。皆様方にはご健勝にてお過ごしのことと存じます。
昨年4月16日に右眼白内障の手術をしていただきました埼玉県在住のTと申します。
その節は大変お世話になりまして、改めまして厚く御礼申し上げます。

それから1年経ちましたが右眼の状態は安定しており、諦めかけていた視力の回復を実
現することが出来、大変嬉しく思っております。

もともと強度の近視であったのに加え、長年のコンタクトレンズ長時間使用の影響もあ
り、平成20年の秋(当時58歳)、両眼白内障の診断を受け、それ以降特に右眼の症状が徐
々に進行し、右眼の手術を勧められるに至りました。

強度近視で白内障の手術を受けるには、網膜の状況ならびに手術との兼合いを十分把握
する必要性を自身もよく分かっていましたが、紹介により受診した大学病院他の眼科では
そこまでの確認が得られず、手術に踏み切れない状況にありました。

そうした中、平成23年冬に妻が探した情報から鄭先生の存在を知り、同年12月下旬
に先生の診断を受け、網膜の状況からみて手術は可能との見解をいただきました。

翌平成24年3月末で当時の勤務先を退職し個人事業主への転進を決めたのを機に、同
年3月下旬に再受診の際4月16日に幸い枠があったため手術を決断いたしました。

手術に多少の不安はありましたが、術中及び術後の痛みは殆んどなく、手術中に抜ける
ような青空が広がったのを鮮明に覚えており、あの瞬間に新たな視力の回復を実感しまし
た。

その後の経過としまして、約1ヶ月後に縦横の罫線が少し歪んで見える症状が出ました
が、もともと在った素質が手術により顕在化したものと先生からご説明いただき、その事
をあまり考えないよう心掛けたことで、現在は殆んど気にならない状況です。

また、手術から3ヶ月程経った昨年8月中旬頃から次第に視力が落ち始め、その原因は
後発性白内障との診断に基づき昨年の10月下旬にレーザー手術をしていただき、それか
ら半年近く経過しても視力が落ちることなく、0.4〜0.5の裸眼視力を維持できてお
ります。

現在、フルタイムでの仕事ではないものの、オフィスや自宅でのPC作業に眼も大分慣
れ、ほぼ諦めかけていた自動車の運転も出来るようになり、視力を回復できていることの
有難さを実感している日々であります。

今後も油断することなく、3ヶ月毎の眼底検査を始めとしたケアの継続を徹底するとと
もに、左眼の白内障が進まないよう、日常生活の様々な面で十分留意したいと思います。

貴医院にはこれまで18回通院しておりますが、スタッフの皆様が大勢の患者さんに対
し丁寧に且つてきぱきと向き合っておられる姿を拝見いたす度、貴医院全体の方針が現場
の様々なシーンで実践されていることが良く分かります。

今後も「眼がよく見えるようにしたい。原因をはっきりさせたい。」との切実な思いで
全国から来られる大勢の方々の強い味方であり続けていただきたいと存じます。

最後になりますが、貴医院の益々のご貢献ならびに皆様のご健勝を祈念いたしまして御
礼とさせていただきます。なお、心ばかり地元の御菓子をお送りさせていただきましたの
で、皆様のご休憩時間にお召し上がりいただければ幸いに存じます。

敬具

平成25年4月20日
埼玉県さいたま市

追伸
強度の近視である人が白内障手術の可能性を見極める場合、眼の表だけでなく網膜を始
めとした眼の裏側もよく診察していただくことが極めて重要になると考えております。

その意味で横浜相鉄ビル眼科医院の鄭先生は、そこの部分を総合的に診察くださったう
えで、分かり易くご説明くださいますので、安心して受診ができると思います。

また、私が現在そうであるように、白内障の手術後は眼底検査などの定期的なケアが
大変重要になりますので、鄭先生の診察を継続的に受けることで二重の安心感を得られま
す。
勇気と希望をもって、鄭先生の診察を受けられることを心よりお勧めいたします。



以下、やや特殊パターンですが、高度近視→硝子体混濁多数発生→飛蚊症というパターンで悩んでらっしゃった患者さんが鄭先生の手術で良くなった経緯を書いてくださったメッセージです。

飛蚊症に対する硝子体手術は、手術自体のリスク(感染や網膜剥離など)があるために、当院では患者さんには勧めていませんが、高度近視の方の中には、ほんとうに驚くほど硝子体混濁があって、それによってひどい飛蚊症に悩まされている患者さんがいらっしゃいます。そのような患者さんならば、なんとか救ってあげることができれば、と考えています。お悩みの方は、大高ではなくて鄭先生に相談してください。



鄭守先生

ご無沙汰しております。
その節は大変お世話になりました。

硝子体手術について、何かお役にたてるなら幸いに存じます。
鄭先生のところにお伺いするまでに、3つの病院でーうち2つ
は大学病院でしたがー診察を受けてきました。そのいずれの病院でも、硝
子体の混濁は加齢による自然現象であること、もしどうしても手術したい
ならアメリカならやってくれるだろうが200万円ぐらいかかるこ
と、などといわれ、それでも見え難いことを伝えると、まず精神科で診て
もらいます、とまで言われました。それなのに、次回は一ヵ月後に様子を
見せて下さいとも言われるのです。仕事を休み、診察まで長い時間またさ
れ、そのあげく、自然現象だから気にしないようにといわれ、毎回落胆し
て帰る日々でした。余りに見え難いため、一時は仕事を辞めることまで考
えたものです。

インターネットで鄭先生のホームページに辿り着かなければと思うとぞっ
とします。

インターネットで飛蚊症を検索すると、かってのわたし同様に、大変みえ
ずらい思いをしている方が少なからずおられるように思います。
医学のことは全くの素人です。しかしながら、いくら老化現象だからと
いっても、人それぞれ症状の重さは異なるはずです。今後は、今よりもっ
と飛蚊症や硝子体混濁に有効な治療や手術が行われることを願わずにはい
られません。わたしは、先生に手術をして頂くことで、目だけでなく、精
神的にも楽になりました。酷い飛蚊症のため、心も傷ついている多くの方
のためにも、これからも鄭先生はじめ横浜相鉄眼科病院のスタッフの方々
による診療を宜しくお願いする次第です。

連日、猛暑が続いていますが、スタッフの方々、お身体ご自愛下さい。

東京都 T さんより


mail: 鄭医師 mtei@y2.dion.ne.jp (網膜硝子体専門医、横浜相鉄ビル眼科医院 火曜日担当) 

otaka@isao.com :大高医師メール (月水金担当)

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ