網膜裂孔(もうまくれっこう)、網膜円孔(もうまくえんこう)、網膜剥離裂孔(もうまくはくりれっこう)のレーザー治療(レーザー手術)と患者さんの声

当院では網膜裂孔、網膜円孔のレーザー治療の技術に特に自信を持っており、患者さんや紹介して下さった先生方などから高いご評価を頂いています。網膜裂孔や網膜円孔の治療は迅速な対応、レーザーによるしっかりした焼付けが大切です。また、眼科で「網膜に薄い部分がある」といわれた場合も、レーザー治療をやっておいたほうがいい場合があります。私は発見したら患者さんとお話しあいの上、了解が得られればその場で治療することにしています。網膜ははがれるときは1日ではがれますからね。

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ

網膜裂孔とは、網膜、すなわち目の奥にある、カメラで言うとフィルムにあたる部分の一部が、目の中にある硝子体(しょうしたい)というゼリー状のものに引っ張られて、びりっと破れた状態です。

また、網膜にもともとうすいところがあり、そこが経年変化でどんどん薄くなってきてついに丸い穴になってしまう場合もあります。これを網膜円孔(もうまくえんこう)と呼んでいます。英語では網膜円孔はretinal hole 網膜裂孔はretinal tear、二つをあわせてretinal breakと言うのですが、日本語ではretinal breakに相当する良い言葉がありませんので、ここでは網膜円孔と網膜裂孔をあわせて網膜裂孔と呼ばせてください。

網膜裂孔から眼内の水が網膜の下にしみ込んで、網膜の一部がはがれている状態を網膜剥離裂孔と呼びます。小さな網膜剥離の事です。網膜裂孔ができた場合は、発見された時には網膜剥離裂孔に進行している場合がほとんどです。

 → 

上の写真は、網膜を直接見れる特殊なレンズで見ています。

左の写真の矢印の部分が、網膜裂孔です。オレンジ色の網膜が、一部V字が横向いた形で濃くなっているのがおわかりいただけると思います。その部分が網膜裂孔です。網膜は半透明の白っぽい湯葉のような膜で、網膜の裏は濃い茶色なので、破れているところだけが濃く見えます。この網膜裂孔はすでに周りが網膜剥離になり始めていますので、網膜剥離裂孔といって、非常に危険な状態です。

右の写真はレーザー後です。白い点々とした部分がレーザーで固めたところです。3列にかなりしっかりレーザーで固めておきました。いわば、スポット溶接をして、網膜がそれ以上はがれないようにするわけです。この患者さんはこれ以上網膜がはがれることなく、何年も普通に生活をされています。

網膜裂孔、網膜剥離裂孔は、放置しておくと、そこから眼内の水が網膜の下にしみこんでいき、網膜が大きくはがれた状態、すなわち、網膜剥離(もうまくはくり)に至ります。なので、これは文句なしにレーザー治療の適応です。

また、はっきりと破れていなくとも、うすい部分(網膜格子様変性、こうしようへんせい)もよく見られます。眼科では、「網膜にうすいところがある」とか言われることが多いですね。これの扱いが難しいんです。

「眼科で眼底検査を受けたときに網膜に薄いところがあるけど放置しといていい、といわれてから不安で不安でしかたありません」といって、よく患者さんが受診されます。

正直、「そんなんやったら最初からなんにも言わんといてください!」という感じですね。

確かに、薄いところはほっておいてもなにも起こらないかもしれませんが、将来網膜裂孔ができて、網膜剥離になる可能性は普通の部分よりずっと高いです。うすいところがびりっと裂けて穴になる場合もありますが、先に述べたように、どんどん薄くなってきてついに網膜円孔になってしまう場合もあります。
,
網膜剥離の手術をいつもいつもやってるとわかるのですが、印象としては3分の2ぐらいはもともとあった網膜の薄い部分に網膜裂孔や網膜円孔ができてはがれてきたパターンです。また、手術の時とか術後に、手術のショックで別の薄い部分が破れることもよくあります。実際手術でさわってると、薄いところはほんとうに弱いということがわかります。なので、ほっておくのはとってもこわいです。

網膜裂孔が発生した場合、そこから網膜がはがれないよう、レーザー光線で治療します。すなわち、レーザー光線で網膜を溶接します。また、網膜がきわめて薄い場合も、患者さんと相談の上、必要ならば予防的なレーザー治療を施行しています。網膜剥離になるかもしれない、と心配しながら生きていくよりずっといいです。僕自身、薄いところがあれば迷わずレーザーをうってもらいますし、うちの職員さんにもうっています(下記の患者さんの体験談にあり)。

横浜相鉄ビル眼科医院では、患者さんの同意が得られれば、即日治療しております。網膜裂孔はスピーディーな治療が命です。予約をとって治療、なんで、まどろっこすぎます。その晩に網膜剥離になったら一生悔やんでも悔やみきれませんから。

レーザー治療の技術に関しては、全ての医師が豊富な経験を持っておりますので、任せてください!当院では、右の写真のように、きっちりとしっかりとレーザーをうって治療するよう全医師が心がけております。


痛みの非常に少ない最先端のパスカルレーザーを導入しました。紹介のページもご覧下さい。


2007年10月4日 テレビ朝日 スーパーJチャンネル ナゼダス調査隊 網膜剥離

にて、横浜相鉄ビル眼科医院における網膜裂孔、網膜はく離裂孔、網膜はく離に対する治療をご評価いただき、テレビ朝日さんに取材して、特集していただきました。ありがとうございました。(患者さんが実名で出てくださっていますので、動画は非公開とさせていただいております)


上の写真とは別の患者さんの、レーザー治療前の映像は

http://www.youtube.com/watch?v=Ohv59jXVOYE

レーザー治療直後の映像は

http://www.youtube.com/watch?v=8Xs_nEEy3zY

レーザー治療後1年の映像は

http://www.youtube.com/watch?v=aWkXK4PhZxc

をご覧下さい。患者さんを診る顕微鏡にビデオカメラがついており、入ってきた映像を、ビデオカメラと医師の目に分けています。医師がクリアーに見えて最高の治療をするために、あえてビデオカメラへの配分を少なめにしてありますので、少々見づらい映像になっていることをご容赦いただければ幸いです。


以下は、網膜裂孔、ないしは網膜に弱い部分がある患者さんからよく聞かれる質問と答えです。


質問:網膜裂孔にレーザー治療を受けたときに、その後の生活にどれくらい影響がでますか?どれぐらいで日常生活に戻れますか?
答え:日常生活にまったく影響なしで、即座に戻れます。その晩からお酒を飲んでもおふろに入っても大丈夫です。患者さんにやさしい治療ですね。

質問:一人で電車で帰れますか?

答え:はい、大丈夫ですよ。

質問:費用はどれぐらいかかりますか?

答え:裂孔の程度により、3割負担で検査料込みで4万円ないしは6万円を見ておいてください。1割負担だとその3分の1です。これは国で決められている額です。高いですが、レーザーの機械が1千万円すること、それからわれわれの蓄積してきた技術を買えること、網膜剥離になるリスクを回避できることを考えると、高くはないと思います。網膜裂孔のみですと安いほうになるのですが、網膜裂孔ができるとすぐにその周りがはがれ始めますので、見つけたときにはほぼ100%網膜剥離裂孔になっていますので、6万円を見ておいていただければと思います。

質問:生命保険に入っているのですが、手術給付金は出ますか?

答え:かなり多くの会社で出るみたいですので、保険会社さんに問い合わせてみてください。問い合わせる時の手術番号はK276です。出る場合は、診断書を送ってもらえますので、それを受付に直接出してください。遠方の方は送付していただければ書いて送ります。すべて、医師にではなくて、受付にお問い合わせくださいね。

質問:痛いですか?

答え:多少ちくちくする場合がありますが、みなさん大丈夫ですとおっしゃいます。特に、パスカルレーザーを導入してから、ほとんどの患者さんに、ほとんど痛みは感じなかったといわれますね。

質問:レーザーによる副作用はありますか?

答え:人によってはレーザー部がしばらくちょっと光って見えるような感じになることがあります。しばらくたつと消えたと言われます。理論的にはレーザーをうった部分に視野欠損感が出ることもありえますが、今まで10台の少年一人に言われただけです。若い人は視野が広いのでしょうか・・・その後言われないので、それも消えたのかもです。

質問:レーザーの後、いつから通常の生活ができますか?

答え:即座に通常の生活をしても良いです。コンタクトレンズは翌日からにしてくださいね。

質問:運動はいつから良いですか?

答え:レーザーをうつまではものすごく弱い状態であったわけで、レーザーをうつと、直後から今までよりはずっと強い状態になります。

なので、「レーザーをうったからといって、今までやっていた運動をレーザー後に制限する理由が見当たらない」と考えます。

しかし、レーザーを打った部分の網膜は、3ヶ月ぐらいかけてどんどん下の層との接着が強くなっていくのですが、それまでは、術前よりは強いですが、何もない部分よりは弱いことは町がないです。その間は、状況が許すなら、激しい運動はしないほうが良いと考えます。

目をぶつけるような運動(ボクシング、相撲、激しい夫婦げんか?!・・・ほんとうに夫婦げんかで網膜裂孔になる人もいます・・・)は一生やめたほうが良いと考えて下さい

質問:
レーザーをうつと逆に網膜に穴があくと先生に言われたのですが・・・
網膜にレーザーを打つと、そこが収縮して他の部分に穴があくと言われたのですが・・・

答え:自分らのチームでは今まで多数の患者さんを治療していますが、幸い経験はないです。網膜裂孔ができたということは硝子体による網膜の牽引が広い範囲で起こっているというわけで、当然同時期に他の部分に網膜裂孔ができる可能性があります。また、網膜円孔の場合も、円孔ができるぐらい網膜が弱くなっているというわけなので、他の部分に同時期に円孔ができることもあるでしょう。この同時期に偶然できた他の孔を、先生や患者さんがレーザーでできてしまったと錯覚しているケースも多いのではないかと思います。

質問:眼科に行って、「網膜に弱い部分があるが、レーザーをうつほどではない」といわれました。不安です。どうすればいいですか?

答え:弱い部分が将来どうなるか、だれもわかりませんのでなんとも判断のしようがないのですが、網膜剥離になったときの辛さをよく知る自分は、積極的にレーザーで補強しておくのが好きです。少なくとも眼科医はほとんどみんなレーザー治療を受けるでしょう。もちろん患者さんとのお話で決めますが。


網膜裂孔にレーザー治療を受けた患者さんの声です。



大高先生様
 
こんにちは、昨年末に網膜のレーザー治療に伺いました、Yです。
先週末にお陰さまで、娘共々念願の、レーシックを無事受ける事ができました。
 
レーシック治療前の検査まで、娘は、網膜裂孔の自覚症状が全く無く、
直ぐに、レーシックを受ける事が出来るものと楽しみにしておりましが、
数時間の検査の結果、網膜に無数の孔があり、レーシックを受ける事が出来ず
落胆して帰って来ました。眼科のリストを持ち帰って来ましたので、そのリストから
偶然に大高先生の診察にあたり、孔が多く、2週間に亘り、丁寧なレーザー治療をして頂き、
その後再度レーシックの為の検査に今月に入り行き、レーシック先の先生から、
「とても丁寧なレーザー治療が出来ていますよ!大丈夫ですよ!」「大高先生にレーザーやって
いただいたんですか?立派な先生です!」と言われたんだよと帰って来て娘が話してくれました。
 
レーシックは、無理なのかと、無数の孔をモニターで見ました時には、哀しくなりましたが
お陰様で、無事に受ける事が出来、視力も0.07→1.5に両眼とも上がり
4月から配属先の小学校に足取りも軽く研修に行っています。
今後も、定期的に検診に伺うようですので宜しくお願い致します。

大高先生様

ご多忙の中早々、メールを読んで頂き有難うございます。
拙いメールで恐縮ですが、(ホームページへの掲載の件)了解致しました。(^^♪

一週間検診を終え、世界が変わった\(~o~)/〜☆☆☆
と喜んでおります。本当に良かったです。
有難う御座いました。

Y

私は、昨年末、コンタクトレンズの定期検診で併設している
眼科の眼底検査を受け、「網膜に薄いところがある」ということで、翌日、紹介され
た大きな病院で、「近日中に、網膜剥離の手術が必要」と言われました。

もう、その時は、頭が真っ白になり、パニック状態で、友人、知人に相談の電話をか
けまくりました。

不安で不安で、その午後、友人に紹介してもらった、また違う病院で診てもらいまし
た。ここでは、2人の先生から眼底検査や写真を撮ったり、かなりいろいろな検査を
受けましたが、「様子をみよう」ということで手術は、まだしなくてよいとのこと
で、また定期的に来るように言われました。

ひとまず、ほっとしましたが、片や「手術要」、もうひとつは「様子をみる」という
ことで、今後のことを考えると、まだまだ不安でいっぱいでした。

そこで、インターネットで見つけたのが、大高先生のHPでした。「網膜剥離の疑いが
ある」不安でしょうがない私としては、救われたような思いでした。大高先生の医師
としての心がけ、姿勢、患者さんの声に感動し、隅から隅まで見ていたら何時間も経
過していました。最悪、手術することになっても、この先生にお願いしようと思いま
した。

12月10日、横浜まで診察に行きました。少し迷いましたが、今までの経緯を全て
先生にお話しました。また、今まで、大きな病気もしたことがなく、「網膜剥離の手
術」と聞いただけで、精神的にもとても不安であることもお伝えしました。

眼底検査他、こちらでもいろいろな検査をしていただきました。先生は、
「両方の病院で言われたことも間違いではない。しかし、右眼の網膜には穴があるの
で、レーザー手術はしないといけない。左眼は網膜が剥がれているが、ラッキーなこ
とに運良く剥がれるのが、止まっている。左眼は、まだしなくてもいい。しかし、右
眼をレーザー手術するのであれば、左眼も不安を抱えて生活するより、いずれするの
であればいっしょにやりますか」と言われました。

視界が見え難いなどの自覚症状もなく、手術などしたことのない、まだ心の準備もで
きていない私にとっては、大変不安でたまりませんでしたが、先生を信じてレーザー
手術を、その日のうちに受けることに腹を決めました。

手術は両眼で30分くらいだったでしょうか。痛みは、多少ちくちくしましたが、先
生の「俺が治したるからな。もうちょっとや。我慢してや。肩の力抜いて。」と私の
手術への不安、恐怖感を悟ってか、手術中でも会話して励まして頂き、最後の方は、
大人げないですが、先生の励ましのお言葉と「これで治るんだ」という思いで涙がと
まりませんでした。

術後、1ヶ月が経過しておりますが、経過は順調で、その後3回の検診でも「よし、
大丈夫や、順調。」と毎回、力強く握手して頂き、「ほんと大高先生に手術して頂い
てよかったなあ」と思っております。感謝の気持ちでいっぱいです。

今回の手術で眼のありがたさ、健康のありがたさ、早期発見、早期治療の大切さなど
いろいろなことを勉強し、考えさせられました。相談にのってもらい、お世話になっ
た友人、知人にも、何か少しでも眼に不安や異常を感じたら、すぐに診てもらった方
がいいと、横浜相鉄ビル眼科をお勧めしております。

私の場合、過去にボクシングの試合やサッカーのへディングなどで頭や顔を強く打っ
たという外的損傷の覚えもなく、もともと生まれつき、網膜が薄いということで、原
因はなかったんですが、網膜剥離は10万人に1人の割合ということで大変ショック
を受けましたが、今後とも、本格的な網膜剥離の手術をしないですむよう、早期発
見、早期治療(レーザー手術で)に努め、大高先生に定期的に診て頂き、お世話にな
ろうと思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

M.K.

Subject: どうもありがとうございました
From: Kaida
To: <otaka@isao.com>

大高先生
昨日網膜のレーザー治療をしていただきましたKです。
昨日は寝るまで左眼がボッーとしているようでしたが今日は目覚め
からぱっちり!いつも通り仕事も、調べごともできました。
今までよりも視界にゴミが見えないような気もします。

昨日は相鉄ビルをでてからも視界はぼっとしていましたので、とりあえず
シェラトンホテルのケーキセットで一休み。紅茶ポットの中で茶葉が
開いていくのをじっと見ていたら、ずっとかかえていた不安が消えて
いき、とても気持ちが楽になっていきました。目はボッーとしていても
不思議なほど気持ちがすっきりしてきて思わず一人でニコニコしてしま
いました。(周りからみると変やヤツに見えたかも。。。)
お忙しい中でも丁寧に対応をしてくださる素敵な先生に出会えたこと。
症状についてきちんと説明していただくことができて、納得のいく治療を
していただくことができたことで、目の症状の改善と同じくらい心も元気を
取り戻したみたいです。大高先生 どうもありがとうございました。

帰りがけに受け付けの方が「私も同じ治療したけど、すぐにコンタクト
れいても大丈夫だった」と経験を話していただけたのもとても勇気を
いただけました。スタッフの方にも感謝しています。

痛いのいやだ! と我がままな患者ですがどうぞこれからもよろしく
お願いいたします。 

K

Subject: RE: どうもありがとうございましたe:
From: Kaida
To: "Otaka, Isao" <otaka@isao.com>

お忙しい中をわざわざお返事をいただき、どうもありがとうございました。
HPへの掲載はOKです。一人でも早く治療をうけて大事にならないうちに
回復できることにお役に立てれば幸いです。
お手数をおかけいたしますが名前は変えておいていただけますか。

HPに関して私の感想です。

網膜裂孔やその治療方法に関してはある程度インターネットの情報
でわかったのですが、今回、クリニックに伺う前に私が知りたかった事は
レーザー治療を受けたときに、その後の生活にどれくらい影響がでるか
ということです。 具体的には一人で電車で帰れるか、治療後どれくらい
で日常生活に戻れるかということです。]

残念ながらインターネットの情報ではよくわかりませんでした。この
ため「行くぞ」と覚悟をきめた後、仕事の段取りなどをつけていざ
となったら仕事も1週間休みがとれる状態にし、帰宅が難しかったら
横浜の実家に行くつもりでてでかけたのです。

実際には治療直後からほとんど支障なかったわけで、これならばもっと
早く治療にいけばよかったと思いました。患者さんによって症状も違い
ますし、インターネットの世界は受け手の理解度もあり、何でもいいから
レーザー治療をと勘違いされては困りますが、一般的にレーザー治療を
受けた後の状態がどのようなものか 記述があれば患者さんは検査、
治療を受ける決心がつきやすくなるかもしれませんね。

シンプルだけれど、大切なことはしっかり伝わってくる。いいHPですね。
お忙しい中のアップデートも大変な作業とは思いますが、先生の
HPで救われた人は何人もいると思います。(私もその一人です)
これからもより充実したHPになることをお祈りしております。

K

Kさん、ありがとうございます! Kさんのような自分だけじゃなくて他の同じ状況で悩んでらっしゃる患者さんのことも考えてくださる方はほんとうにありがたいですね。ありがとうございます。うちの受付の職員さんがえらい網膜裂孔がたくさんあって、しかも次から次へできていきますので、レーザーうちまくっています。レーザーのことは彼女に聞くのが一番!

Subject: 今日(8日)はありがとうございました。
From: "Kaida"
To: <otaka@isao.com>

こんばんは。お疲れ様でした。
今日診ていただいた甲斐田といいます。

これまで本当にありがとうございました。

長い間ずっと黒いものが飛んでいたり、時折光がばーっと
あらわれたりしていたのが気になっていました。
そこでなまじ目に関する本などを読んでしまったばかりに
余計に不安ばかりがつのり、じゃあどうしたらいいの?と
わからなくなっていました。

その時に偶然に先生のホームページにめぐり会えたのは、
幸運だったと思います!こんな眼科があるんだ〜と
思わず涙ぐんでしまい、でもこの先生に診てもらえるのだと
わくわくしてきたことを今でも覚えています。

実際の診察でも、こういう方法があると示してもらい、それも十分自分の
望むことだったので、すごく安心・満足できました。
ありがとうございます。

スタッフの皆さんが、穏やかで、それが自然な感じで対応される姿も素敵です。
ありがとうございます!!

一人一人の患者さんの気持ちを受け止めながら、その方一人一人に
同じように十分にかえしていくことは、日々すごいパワーが必要だろうな、
と思います。
お身体に気をつけて毎日お過ごしください。

ただお礼の気持ちをお伝えしたかっただけなのに、長々すみません。

ではまた次回よろしくお願いします。

Subject: Re: 今日(8日)はありがとうございました。
From: "Kaida"
To: "Otaka, Isao" <otaka@isao.com>

こんばんは
ありがとうございます。

私も最初の時に、クラスにいたことなかったっけ?と
ふと思っていました。おかしいですけどね。
(注:診察時、「甲斐田さんはクラスに1人いそうな感じがするたいぷやなぁ」と僕がコメントしました。)

HPに載せていただく件、大丈夫です。
が、それに足る文章なのか…、??ですし
気恥ずかしい感じもしますが
適当に削除してぜひ使ってください。

ところで
コンタクトレンズが目の裏側にいかないということも
入り込んでも大丈夫ということも
初めて知ったことで、すごく参考になりました!
ありがとうございます。

ではまたよろしくお願いします。

Subject: 今日もありがとうございました。
From: "Kaida"
To: "Otaka, Isao" <otaka@isao.com>

こんばんは
お疲れ様でした。今日診ていただいた甲斐田といいます。

ありがとうございました。
つい病院では舞い上がってしまうのですが、
今日のように1対1でゆっくり話をさせてもらってよかったです。
ほっとします。

先生は携帯の番号を出されていますが、これはどのように
利用されているものですか?
また今は他の病院では診察をしていないのでしょうか?やっぱり。

たくさんのメールをこなされてる中、しょーもないメールでお邪魔して
しまいすみません。(嬉しい気持ちを伝えたくなります)

気持ちも身体も、お疲れためませんように…。
また来月よろしくお願いします。

Subject: Re: 今日もありがとうございました。
From: "Kaida"
To: "Otaka, Isao" <otaka@isao.com>

今日はお休みでしょうか?たびたびすみません。
お返事ありがとうございました!!(携帯はやはり私物ですよね。)

これまでホームページは読ませてもらっていましたが、
大高先生は私の想像以上?の方でした(笑)

全国で患者さんが待っているという感じですね。
和歌山の開業医さんに行っての1日20人の白内障手術、 想像がつきません…。
それでもご自分で積み重ねてきた結果のものですものね。

大高先生と会えたのはラッキーだったなあと
しみじみ思います。

ではまた1ヵ月後に無事に診ていただけるのを
楽しみにしています。

甲斐田さん、ありがとうございます! 甲斐田さんもほんとうに心のきれいな方で、他の患者さんの助けになるなら、と快く実名での掲載を承諾してくださいました。メールをそのまま掲載させていただきました。

mail: otaka@isao.com

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ