横浜相鉄ビル眼科医院 秋山邦彦(あきやまくにひこ)医師

月1回ないしは2回、土曜外来担当です。担当日は http://calendar.yahoo.co.jp/ysbgical をご覧ください。

平成7年 慶応義塾大学医学部卒。日本眼科学会認定眼科専門医。


自己紹介

慶応病院、済生会中央病院、国立栃木病院医長などを経て、現在は東京医療センタ−眼科網膜硝子体チームで大半の手術を執刀医として手がけております、網膜硝子体疾患(眼底の病気)の専門医です。眼底はもちろんのこと、白内障、緑内障、角結膜疾患、斜視、外傷など、あらゆる眼科領域に豊富な経験と知識を持っていると自負しております。

これらを生かし、眼科医としてすぐれた職人でありたいと願っています。すぐれた職人とは、心技一体というように、腕前と心が一つに溶け合って、高い志をもって仕事に臨むものです。その結果いい仕事ができて、患者さんが心から満足した顔を見せてくださる時、僕も最高に嬉しく、いい気分になれます。そのために労力を惜しまず、患者さんみんなが診察前よりも幸せになって帰っていただけるよう精魂を尽くしますので、何でもご相談下さい。あなたにとっての最良の方法を、一緒に考え、実践しましょう。

大高コメント

大学の後輩なので、「秋山」と呼ばせていただきます。

秋山は本当に頼りになるドクターです。東京医療センター眼科網膜硝子体チームという、日本でも有数の網膜硝子体疾患に関するレベルの高いところで、目の中で特に難しい網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑円孔、黄斑部変性症、黄斑上膜、その他、網膜とか黄斑とか硝子体とかが名前につく病気すべて)治療の若きリーダーとして、現在は下の先生の指導医として活躍しています。

手術は、ほんとうに細かい部分までこだわってきれいにやってありますので、私はいつも診察したら「うおお」と思わず言ってしまいます。

かつ専門家ぶらずに患者さんの立場に立って考えてくれます。人間的にとってもいいですからね入院が必要な大きな手術が必要な場合は、東京医療センターで秋山自身が手術をしてくれますので、私も患者さんを紹介しているぐらいです。上記のような目のご病気でお悩みの方、ぜひ一度相談してみては。セカンドオピニオンを求めるにしても、最高の選択だと思いますよ。親身になって相談にのってくれます。まさに名医だと思います。

秋山は人間的にも非常にいい男です。昔からいつか一緒に仕事しようと言い続けてました。で、やっと今実現できたわけです。


患者さんの声を、許可を得て掲載させていただきました。


> いつもお世話になりましてありがとうございます。
>
> 八月七日(土)に秋山先生からメールを頂き大変恐縮しております。
> 有難うございました。
>
> 父にも相談しましたところ是非診察して頂きたいとの事で
> 21日に伺う事に致しました。
> 秋山先生にもその旨をメール致しました。

> おはようございます。Yです。
> 先日秋山先生の診察受けてきました。
> 親切丁寧に診察して頂きました。
> お陰さまで大高先生にやっていただいた白内障手術は順調の様です。
> 黄斑部変性症は左眼に関しては現状維持の様ですが
> 右目の方は定期的に診察して頂き、早めの処置
> できれば光線力学療法で良くなればと期待しています。
> いろいろありがとうございます。


大高先生 今、秋山先生に診てもらってきました。 円孔が自然に閉じたらしいとのことで、経過観察となりました。 少しずつ、見え方が良くなってきている感じがしますし、今日丁寧に診ていただいたので、気持ちが随分落ち着きました。ありがとうございました。これからは、時々、そちらの病院で秋山先生に診察して頂くことになっています。また、よろしくお願い申し上げます。 K

お返事ありがとうございます。今回の眼の病気では大高先生と秋山先生のお陰で、不安な期間を乗り切ることができました。私のメール、どうぞ使ってください。これからもよろしくお願いいたします。 K



大高先生

紹介状を大変ありがとうございました。
早速、金曜日に東京医療センターの秋山先生に診ていただきました。

秋山先生の診察によると、私の場合は帯状のラティスが複数走っており、
最初の病院での手術のバックリングの幅が足りないのと、付けた位置が偏っていて、そのために穴を押さえられていないとのことでした。

従って、秋山先生の処方は、バックリングをもっと幅の広いものに変えて、
正しい位置に置く手術をしてはどうか、ということでした。

再度時間をとって診察していただき、手術の日取りを
決めることになっています。

そのときに詳細決まりましたら、またお知らせします。

取り急ぎ、紹介状のお礼と状況のお知らせまで。

A

大高先生

ご無沙汰しております。昨年末に網膜はく離の再手術の件で
秋山先生にご紹介いただいたAです。
その後、状況をお知らせしておらずご無礼を致しました。

先月東京医療センターに入院し、秋山先生執刀のもと、
手術を受け、無事退院しました。
おかげさまで経過は順調で、最初の検診の際には、今までたまっていた水も
引いて来ているということで、穴がきちんと塞がっている証拠と思い、
一安心しております。退院の翌々日からは仕事にも復帰しております。
次の検診は、来週土曜日に、横浜相鉄眼科の方で見ていただくことに
なっております。

一時は、硝子体手術で水晶体も人工のものに入れ替えなくてはならないかと
覚悟をしておりましたが、大高先生のご意見とご紹介のおかげで、そこまで
せずにすんだことを大変ありがたく思っております。

また機会がありましたら、直接お礼を申し上げたいと存じますが、
まずはメールにて失礼します。

A

大高先生

急遽先週土曜日に病院にいくことにして、順調に水が減っていることを
確認していただきました。
早速、メガネを作り直して(度をあわせなおして)、両目で仕事をはじめております。
最初は、2重にものが見えていて、じっと見ていないと一つにあわせられなかったのですが、
今では視点を動かしてもすぐに合うようになってきました。
矯正視力で1.2もあるので、快適です。

A

横浜相鉄ビル眼科医院トップページへ

mail: otaka@isao.com